フロアコーティングは、価格の安さだけで選んではいけません。

フロアコーティング施工会社の誠実さを見分けるには?

フロアコーティング情報サイトは、汚れや紫外線からフローリングを守るフロアコーティングについての様々な情報を集結させたサイトです。 現在のところサイトは“準備中”となっていますが、綺麗な住まいを綺麗なままで快適に住み続けるために…、フロアコーティングの全てがわかるサイトとしての公開を予定していますので、是非、参考にしてくださいね。

フロアコーティングと言ってもその種類はさまざまです。 施工しようと情報を集め始めても、一体どのタイプのフロアコーティングが自分のライフスタイルにマッチしているのか、わからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか? フロアコーティングは、それぞれのタイプで使う素材が各社異なることがあり、当然その金額も違ってきます。 個々のフロアコーティングの違いを理解して、その家々の環境に合ったフロアコーティングを選んでください。

コラム「ペットと快適に暮らすためのフロアコーティングと愛知」

ぺットと心地よく過ごせる愛知の環境づくりのため、ご自宅のフローリングにフロアコーティングの施工をしてみてはいかがでしょうか。

室内飼いの犬や猫がフローリングを走り回ると、当然ながら床には傷がつきますし、転倒して骨折をする危険性もあります。

また小型犬のヘルニア、股関節脱臼などの病気の発症もフローリングの歩きにくさが関係しているといわれています。ほかにも床で粗相をしてしまった際に残ってしまう臭いや染みなどは、ペットと暮らす上で必ず出てくる問題です。

最近のフロアコーティングは、ペット共生住宅などに適した種類のものも登場しています。

ペットとの暮らしに適したコーティングとは、ペットが歩きやすく、滑りにくい加工になっており、傷に強い厚さと防汚加工が期待できる施工です。
またコーティング剤にアレルギーを起こしてしまうペットもいるため、安全性も確認されているものがベストです。

床材を長持ちさせ、ペットの健康にも配慮することができるフロアコーティングは、飼い主とペットに安心をプレゼントしてくれるでしょう。

フロアーコーティングのことなら
http://www.floorcoating8.com/

一般的に使用されているコーティング材としては、水性WAX系、ウレタン系、シリコン系、UV系、などがあります。

・水性WAX系は、塗り込みや剥離が簡単なうえ施工もたった半日で済みますが耐久性は低く費用も低額です。

・光沢を抑えるウレタン系は施工日数が2日程度かかりますが5年以上の耐久性が期待でき、費用は標準的な価格で済みます。

・すべりを防止するシリコン系は施工日数が約2日、耐久性に優れ密着性が高いため、クッションフロアや化学床にも施工可能です。  費用は標準的な価格で済みます。

・UV系は、紫外線照射機で瞬時に乾くため、非常に耐久性に優れますが費用は高額となります。  フロアコーティングの中では、現在最も傷や汚れに強く、最も耐久性に優れたコーティング技術と言えます。

フロアコーティングは、汚れが付いてしまってからそれをキレイにするのではなく、汚れや傷を付けたくない・付きにくくしたい…という切実な思いから生まれました。 新築後や、マンション入居前などにフロアコーティングを施工すれば、長期にわたり最高の状態を維持することが可能です。 もちろん入居後でも施工できますが、業者によっては対応できないところもあるので、相談してみることをお勧めします。